メンテナンスが“楽”なのは?

掃除機のメンテナンスは、ゴミ捨ての回数が好きない方が“楽”と言えます。

ゴミをどのくらい溜めておけるかは、集塵容量のリットル数で表しており、この数値が高いほどゴミ捨ての回数は少なくなるので、ぜひチェックしてみましょう。

また、紙パック式、サイクロン式と集塵方式によってメンテナンス方法が違ってきます。

集めたゴミの捨て方やお手入れの仕方などをしっかり把握しておきましょう。


■紙パック式

一番のメリットは、紙パックごとゴミを捨ててしまえるので“楽”という点です。

手も汚れず、細かなホコリの舞い上がりも少ないので、衛生的なのも魅力のひとつとなっています。

紙パック式は、紙パック自体が排気をろ過するフィルターの役割も果たしているので、その他のパーツをメンテナンスする必要がありません。

ただし、コスト面では紙パックの費用が必要となります。

また、排気のクリーン度はこの紙パックによって左右されます。

メーカー指定の純正品を使用しないと本来の性能は期待できなくなります。

「排気クリーン」をうたっている機種ほど、紙パックの価格も高くなるので、ランニングコストが必要となります。


■サイクロン式

サイクロン式の特徴は、ダストカップに直接ゴミが溜まることです。

紙パックのような消耗品が不用なので 、ランニングコストがかからない点が一番のメリットです。

ダストカップはワンタッチでゴミ捨てができるタイプがほとんどですし、最近は詰まったゴミを圧縮するタイプも増えてきているので、細かいほこりが舞い上がるなどゴミ捨て時のストレスもかなり軽減されてきています。

メンテナンスとしては、ゴミ捨て後にダストカップの掃除が必要となります。

また、構造上、排気をろ過するフィルターが何箇所かに設置されているので、そちらも定期的なお手入れが必要となります。


Warning: file(http://www.links-002.com/link5.php): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/m200c381/public_html/nomose.info/contents/1.html on line 82

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /home/m200c381/public_html/nomose.info/contents/1.html on line 83